ホーム >  編集図書 >  編集図書詳細

編集図書詳細

詳細

より良きケアを提供するための老健施設ハンドブック
電子書籍  無料(会員施設職員のみ閲覧可能)

【主要目次】
第1章 老健施設が果たすべき役割
第2章 利用者の特性を踏まえたケアの実現
第3章 人権に配慮したケアの実現
第4章 地域包括ケアシステムの拠点となるために

※本書籍は、全老健会員専用サイトより無料でダウンロードできます。
(閲覧には、会員専用の「ユーザー名・パスワード」が必要です)
会員専用サイト「電子書籍」

【お問合せ先】
(公社)全国老人保健施設協会 事務局

全老健版 令和3年度介護報酬改定資料集Ⅰ
A4判・1色刷・464ページ 定価 2,420円(税/送料込み)


◎令和3年度介護報酬改定の概要や改定のポイントと、改定事項を老健施設のサービス別に分かるよう工夫した1冊
◎新旧対象表形式により、今回の改定による新規項目を含めた報酬項目の単位数表の差や改定率が一目でわかる老健職員必携の資料集
【主要目次】
第Ⅰ章 令和3年度介護報酬改定の概要
第Ⅱ章 全老健の要望
第Ⅲ章 令和3年度介護報酬改定 関連資料集

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所

R3全老健「介護報酬改定資料集Ⅰ」購入申込用紙

全老健版 令和3年度介護報酬改定資料集Ⅱ
A4判・1色刷・472ページ 定価 2,420円(税/送料込み)

◎令和3年度介護報酬改定の告示、通知の他、Q&Aは4月9日に出されたvol.5までを掲載。
◎新旧対象表形式により、今回の改定による新規項目を含めた報酬項目の単位数の差、規定が一目でわかる老健職員必携の資料集
【主要目次】
1 報酬単位数及び別掲告示
2 食費・居住費・滞在費
3 運営基準
4 解釈通知
5 その他
6 Q&A
7 附録

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所

R3全老健「介護報酬改定資料集Ⅱ」購入申込用紙

介護老人保健施設 他科受診の手引き(令和2年4月版)
B5判・2色刷・44ページ 定価 550円(税込)

2020年6月発行

[本書の内容]
介護老人保健施設の入所者に対する医療のあらまし
介護老人保健施設での医療
病院・診療所で行われる医療(他科受診)
他科受診依頼書見本例(併設医療機関以外)
共通依頼書見本
Q&A
法令・通知
参考・医科点数表について

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所 お申込書

“老健”って、何?
A4判・8ページ 定価 100部 6,600円(税込・100部以上での販売)

“老健”って、何?
◎一般の方々、地域の方々むけに老健施設の役割・機能を紹介する老健施設入門パンフレットです。
◎購入部数により、割引や送料サービスがございます。
◎パンフレットダウンロードページからpdfファイルのダウンロードが可能です。

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所 お申込書

期待される老健の役割~多職種共同で利用者の在宅支援を~
A4判・12ページ定価100部 8,800円(税込、100部以上での販売)

期待される老健の役割~多職種共同で利用者の在宅支援を~
◎多くの専門職や利用者に理解を深めていただくためのパンフレットです。
◎購入部数により割引や送料サービスがございます。
◎パンフレットダウンロードページからpdfファイルのダウンロードが可能です。

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所 お申込書

介護老人保健施設 新在宅支援推進マニュアル(在庫なし)
A5判 104ページ 定価 770円(税込)

介護老人保健施設 新在宅支援推進マニュアル
これからの施設運営に戸惑いや不安のある、管理者やリーダー必見の書です。
「在宅支援」機能をより高め、充実させるためのヒントを、事例やイラストを使って分かりやすく紹介。
また、上位の類型をめざすために、「在宅復帰・在宅療養支援等指標」10 項目の組み合わせ方や、「地域貢献活動」等の要件への対策を、類型ごとにわかりやすく解説しています。
施設の勉強会に、また関係者への施設紹介のひとつのツールとしても役立ちます。
【主要目次】
第1 部:老健施設の定義/「プレフレイル」「フレイル」の方に対して/「要支援1~2」の方に対して/「要介護1~5」の方に対して
第2 部:ひとつ上の施設類型を目指すために/「その他型」から「基本型へ」/「基本型」から「加算型へ」/「加算型」から「在宅強化型」へ/「在宅強化型」から「超強化型」へ/インテークの重要性について/仕事量増加に対する業務の工夫/看取りケアへの対応/重度者の受け入れ/地域貢献活動

【お問合せ先】
(株)三輪書店


介護老人保健施設 在宅支援推進マニュアル 総論・入所編
A5判・93ページ  定価 770円(税込)

在宅支援推進マニュアル
【次期同時改定を乗り越えるために】
◎老健施設の使命である「在宅支援機能」を向上し、在宅強化型老健施設になるための心構えやノウハウを、イラストや図表をふんだんに使って解説。
◎現在、従来型施設や在宅支援加算型施設の老健施設はもちろん、在宅強化型の老健施設にも有用な一冊。
[主要目次]
はじめに/総論:本書を読み進めるために必要な基礎知識/初級編:まず、在宅支援施設としての足腰を鍛える/中級編1:次に、業務医改善を実行し、職員負担の軽減を図る/中級編2:さらに、在宅生活継続・地域密着機能を高める/上級編:地域包括ケアシステムの構築に貢献する―在宅生活を支援して介護を地域で完結させる―

【お問合せ先】
(株)リベルタス・クレオ お申込書

全老健版ケアマネジメント方式 R4システム 改訂版
A4判・174ページ  定価 3,300円(税込)

R4_new【改訂版のポイント】
★「ICFステージング」の評価項目に社会参加(「余暇」と「社会交流」)を追加
★「R4システム」における老健施設のリスクマネジメントの要素を強調
★Q&AやR4システム導入施設の工夫事例、現場の声を掲載
【R4システムのここに注目!】
※ 細やかなアセスメントで、利用者のニーズをより明確に!
※ 利用者の身体・認知の状態像を的確に評価できる!
※ スタッフ全員がケアプランの実施状況を確認できる!

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所 お申込書

日々のくらしにつなげる認知症リハビリテーション実践ガイド
A4判・150ページ  定価 2,500円(税込)

[目次]
第1章 老健施設における認知症の人への生活リハビリテーション
第2章 認知症リハビリテーションのアセスメント
第3章 介護保険と医療保険における認知症患者に対するリハビリテーションの評価
第4章 認知症の人へのリハビリテーション-実践編-
第5章 病院における認知症患者リハビリテーションに利用できるプログラム
第6章 認知症の人へのリハビリテーションに利用できるプログラム
第7章 在宅復帰に向けての支援

【お問合せ先】
(株)リベルタス・クレオ お申込書

令和2年版介護白書 -老健施設の立場から-

A4判・170ページ 定価 2,619円(税込)・2020年11月12日発行


【主要目次】
序章  老健施設の理念と役割~求め続けた「中間施設」の理想像~
第1章 老健施設のこれからの姿
第2章 全老健の活動
第3章 老健施設のこれまでの30年と未来~老健施設への期待~
第4章 図で見る介護保険等の状況
第5章 参考資料

【お問合せ先】
(株)オフィスTM

全老健会員向け申込書 チラシ及び一般申込書

 

利用者・ご家族の皆様へ 脳とこころを活性化するリハビリのご案内(利用者・ご家族用)
A4判 4ページ 定価:50部 2,100円(税込) (50部単位から販売)

老健で行う「認知症短期集中リハビリテーション実施加算」について、利用者・ご家族の方への説明用にご利用下さい。

【お問合せ先】
(株)リベルタス・クレオ お申込書

介護老人保健施設で働くあなたに 入門編
A4判・20ページ 定価 200円(税込)・2006年7月発行

◎新入職員の教育テキストとして活用いただける、老健施設・入門編
◎全国老人保健施設協会が開催する職員基礎研修会等でテキストとして使用する職員ハンドブックの簡易版

【目次】
PART1 介護老人保健施設の理念と役割
PART2 制度の基本
PART3 マナー編
PART4 基本用語集

【お問合せ先】
(株)厚生科学研究所

介護老人保健施設リスクマネジャー資格指定テキスト改訂版(電子書籍)
対象者:リスクマネジャー養成講座受講者及び資格取得者のみ閲覧可能

(主な内容)
【リスクマネジメント概論】
第1章 老健施設におけるリスク
第2章 老健施設におけるリスクマネジメント
第3章 老健施設におけるリスクマネジメントの具体的方法
第4章 リスク処理手段の選択
第5章 リスクマネジャーの養成について

【アクシデントリスク編】
第1章 事故防止対策

【コミュニケーションリスク編】
第1章 身体拘束ゼロ推進に向けて
第2章 苦情対応から業務改善へ
第3章 利用者満足度
第4章 職員満足度
第5章 マスメディア対応策

【財務・経営リスク編】
第1章 老健経営を考える
第2章 退職金について考える
第3章 制度改正による事業環境の変化
第4章 老健施設における債権管理
第5章 紛争及び紛争解決法
第6章 法令遵守(関連法規)

「介護老人保健施設リスクマネジャー」資格認定制度はこちらから

介護老人保健施設 震災マニュアル
A5判・56ページ 定価本体 180円+税 (10部以上から販売)

[本書の構成]
巻頭付録
第1章 震災に備える事前対策
第2章 震災発生時の行動指針
第3章 震災発生後の活動指針

【お問合せ先】
(株)社会保険研究所 お申込書