第4回社団法人全国老人保健施設協会医療研究会
(第4回老健医療研究会)が開催されました。

日 時 2010年11月10日(水)  12:55 〜17:00
会 場 ホテルグランヴィア岡山 3階「クリスタル」

以下に、各講演の記録を掲載(機関誌『老健』平成23年2月号より転載)します。


全国大会・老健医療研究会 合同プログラム「指定演題発表」
指定演題①「高齢者の終末期ケア」
 平川仁尚氏(名古屋大学医学部附属病院卒後臨床研修・キャリア形成支援センター特任助教)
指定演題②「認知症」
 玉井顯氏(敦賀温泉病院・介護老人保健施設ゆなみ理事長)
指定演題③「老健施設における医療行為」
 藪野信美氏(老人保健施設岡山リハビリテーションホーム管理者)
指定演題④「医療と在宅生活支援」
 佐藤龍司氏(介護老人保健施設しょうわ理事長)
指定演題⑤「介護老人保健施設のリハビリテーション」
 野尻晋一氏(介護老人保健施設清雅苑副施設長、熊本機能病院総合リハビリテーションセンター副部長)


認知症〜全老健研究事業の取組みと今後の展望〜
中村 祐
香川大学医学部精神神経医学講座教授


全国大会・老健医療研究会共催シンポジウム「老健施設の感染症対策」


高齢者の摂食嚥下と栄養管理
梶谷伸顕
独立行政法人自動車事故対策機構岡山療護センター外科、NSTくらしき作陽大学客員教授


リハビリテーション処方箋の書き方 オーダーのこつ
米満弘之介
護老人保健施設清雅苑理事長、全国地域リハビリテーション支援事業連絡協議会会長


高齢者の投薬コントロールについて―糖尿病事例を通して―

大庭建三
日本医科大学老年内科教授