ホーム >  厚生労働省からのお知らせ  >  介護現場で働く外国人等の相談窓口及び日本語学習webコンテンツ「にほんごをまなぼう」について

厚生労働省からのお知らせ

介護現場で働く外国人等の相談窓口及び日本語学習webコンテンツ「にほんごをまなぼう」について

[ 厚生労働省からのお知らせ ]
[掲載日] 2019年9月24日   [通知日] 
[通知番号等]



厚生労働省より、介護現場で働く外国人等の相談窓口及び日本語学習webコンテンツ「にほんごをまなぼう」について情報提供があったので、お知らせします。

【外国人介護人材無料相談サポートについて】
本事業は介護現場で就労するすべての外国人の方々を対象にした相談窓口を開設・運営しており、
加えて、外国人を雇用する介護施設等からの相談も受け付けています。
(※相談窓口の運営は公益社団法人国際厚生事業団が行っています)

相談方法は電話・メールのほか、LINE、facebookでも可能です。
対応言語は英語、タガログ語、中国語、ベトナム語、インドネシア語、日本語です。
また、労働条件、生活支援、日本語学習に関する専門スタッフが相談に対応します。
日時等の詳細は、相談窓口のサイト(下記)を参照ください。

外国人介護人材相談支援(国際厚生事業団)

介護現場で解決できない悩み、介護施設等には相談できない悩みなどをお持ちの外国人の方々に
相談窓口を利用していただきたいので、ご周知ください。

「にほんごをまなぼう」チラシ

【日本語学習webコンテンツ】
本事業は当初、技能実習生とその監理団体のために開発されました、
介護現場で働く外国人の方々が自律的に学習に取り組むためのwebコンテンツ「にほんごをまなぼう」ですが、
本年度より、すべての介護現場で働く外国人及びその関係者など、広く利用が可能となりました。
(※開発・運用は、公益社団法人日本介護福祉士会が行っています)

入国後1年以内にN3程度の日本語試験に合格することを目的とし、
継続的な学習のための仕掛けを搭載するなど、充実した内容となっていますが、
利用料は無料です。(利用登録が必要です。)

webサイトはこちらです。↓
「にほんごをまなぼう」
※ 画面上は、「技能実習生のための」となっておりますが、技能実習生関係者以外も利用可能です。

当サイトを、介護現場で働く外国人の方々や、その教育担当者の方々などに積極的に活用いただくことで、
介護現場で働く外国人介護人材のスキルアップが期待できるのみならず、受入れ施設で働く他の職員や、
施設利用者などすべての関係者にとって、よりよい現場環境となることも期待できます。

「外国人介護人材無料相談サポート」チラシ

 


« 厚生労働省からのお知らせ一覧へ